FC2ブログ

林檎亭

(´・ω・`)やぁ。 ようこそ林檎亭へ。

機動戦士ガンダムUC

2010.03.04

category : 雑記

今日、プレミア上映会見てきました。

原作を読んだことは無かったのですが・・・
いやー、良かった。実に良かった。

なんというか、「新しい」ですね。

それはある種の違和感でもあり、興奮でもあり。

種とか00とか、ああいう100均に並んでるプラスチック製品みたいな安っぽい軽薄な新しさではなくて、老舗ブランドが出した新作と言った感じの新しさ。

確かにシャアの反乱から3年後であることや、宇宙世紀という重厚な世界観を背負った作品としての意気込みは感じられますが、言うほど「これぞ宇宙世紀!」と言う感じは無い、です。


何故か、ってことをちょっと考えて。


たぶん、セル画の時代が終わってから宇宙世紀作品ってあまり描かれてないからじゃないかなぁと。

CGとか、パソコン処理によって表現できるようになった光の感触とか、そういったものが駆使された宇宙世紀作品は今作が初めてなわけで。

今までは耐え難い安っぽさを隠すオブラートでしか無かった、コックピットのモニターに映る半透明の表示とか、リアるな爆発や噴射されるプロペラント、街中に点在するホログラム。

ファンネルの激しい動きの克明な描写、光の中で更に光るビーム兵器やカメラアイ。

我々が、これらを可能にした現代レベルの作画で宇宙世紀を見るのは初めてであり、それがある種の違和感と新鮮さを生んでいる。

今までは「宇宙世紀⇒セル画」という図式が成り立っていて、そこが宇宙世紀愛好の理由だったという人もいるのでは。
自分もなんだかんだで、セル画アニメを見ると落ち着きますしw


そういった方面も「宇宙世紀こそ!」と原理主義ってたファンは、果たしてその違和感にどう向き合うのか。
これで受け入れられなかったら、それは種や00がクソなんじゃなくてお前がオールドタイプなだけだぞーってねw


とは!いえ!

戦闘の展開などは、全く文句を付けられないレベル。

まさに宇宙世紀。

これこそが真のMS戦。

どちらが負けるか勝つか分からない、命をかけた真剣勝負。

今回はコロニー内とその周辺の戦闘ばかりで、コロニーの近くで敵機を撃墜することをためらう兵士の描写があったのが素晴らしい。
それを無視してゲロビをぶっ放すその部下が居るっていうのも素晴らしいww

一般兵でも必死にファンネルに抵抗していて、「あー、やっぱすげーなー」とか思ったんですが、まぁそれって普通ですわな。
名前のあるキャラがビームをブッパした瞬間に盾も構えずただ死を待つ名無し兵士の方が普通は少ないww
でも当たり前のことが当たり前に出来る人が一番すごいって中学校の時の塾の先生が言ってた!

かと思えば、普通にパトロールしてるだけの無防備なジェガンがいきなりファンネルで蜂の巣にされたり。

人が死ぬ度に顔をしかめるマリーダたんハァハァもニュータイプ然としてて非常に良い。
あの身体能力的に強化人間かな?

巻き込まれて死ぬ人も良いですねぇ(謎
しっかり人間が死んでますよー、という感じが出てました。あんなの人の死に方じゃないですよ!
こうやれば、とんでもないグロシーン入れなくても残酷さは出せるのに福田ときたら(ry


台詞回しも素晴らしい!

ユニコーンコックピット内での会話とか富野節全開で最高でした(*´ω`)
スタッフよ、よくぞ再現したww

「ニュータイプのようなことを言う」と「ここから出て行けぇぇぇぇ!」はしばらくマイブームの予感。
ていうかコレは流行るよ。応用効くもん。


あとオッさん!オッさん!オッさんカッコいいよ!

いや第一話の時点では言うほど見せ場はななかったけど、いっぱい出てきたから、きっとこれからカッコいいよ!


あと、贅沢を言うならば、ビーム兵器をあの光の束みたいな表現じゃなくて、逆シャアみたいに「粒子の束」って感じにして欲しかったですねー。

ビームサーベルは、0093の時点で切り結ぶときだけビーム刃が出るって感じだったと思うんだけど、その辺に対する説明はあるのだろうか?



とりあえずそれ以上は、テレビで見てみないとなんともいえない感じですね。

明らかにカメラ回しとかレイアウトとかがテレビ向けで、映画館で見るには少し無理がある気がしますww


とはいえ、宇宙世紀ファンなら一見の価値あり。自分は既にアマゾンで予約済みである。



下の写真は日本橋で買ってきた戦利品。

◆機動戦士Zガンダム スペシャル(サントラ)
◆HGUCジム・コマンド宇宙仕様
◆モデロック インベルさん
◆リボルテックヤマグチ 局地戦用エヴァンゲリオン試作五号機

画像-0019

ほくほく(*´ω`)
スポンサーサイト



コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

リンゴ・t

Author:リンゴ・t
アイマスが好きです、でもガンダムは人生です。

im@s架空戦記「宇宙駆ける蒼い鳥」好評連載中!

その他にも雑記、オリジナル小説上げるかも。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Copyright ©林檎亭. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.